ビットコインキャッシュの評価はどうなる?

ビットコインから分かれて生まれたビットコインキャッシュ。
当初は先行きを不安視する声も多かったですが、現時点までのところでは、比較的順調に稼働しています。
ほかに大きな問題なども起きていないなど、独立した仮想通貨として所有できるような状態にはなっていますが、この仮想通貨の評価はどうでしょうか?

これについては現時点でもそれほど悪い評価ではありませんし、今後はもっと高い評価を受ける可能性も十分にあります。
その大きな理由になっているのが、送金が早くて手数料も安いという特徴です。
本家のビットコインではこの点が今問題になっています。
送金に時間がかかりやすい上に、手数料も高くなっているのです。
これではビットコインのメリットがなく、法定通貨と変わらないという声も出てきているのですが、その問題を解決しようとして生まれたのがビットコインキャッシュです。
こちらは当初のビットコインのようにスムーズに送金でき、しかも手数料も法定通貨とは比べものにならないくらい格安になっています。

この点は一部のユーザーからは非常に高く評価されており、むしろこちらの方が今後は本家のビットコインとして流通するのではといわれることもあります。
本当にそこまで高い評価を得られるかはまだわかりませんが、後発のビットコインキャッシュの方がスペック的に優れているのは事実です。
ビットコインではユーザーが増えるほど、どうしても送金が遅れやすくなりますし、そうなるとどうしても手数料も高騰します。

ビットコインキャッシュはこの問題を解決するためにこそ提唱されたもので、処理容量が大きくなっているのです。
そのためユーザーが増えても送金は遅れにくいですし、手数料も低いままで運用可能です。
しかもビットコインキャッシュは、現状よりもさらに処理容量を拡大できる余地があります。
送金が遅れるほどにユーザーが増えたらさらに容量を拡大して対応できるため、送金面を強化したビットコインにはなっています。

現在の本家のビットコインで問題になっているのは主に送金と手数料の問題で、それ以外は特に大きな問題はありません。
送金や手数料の問題さえなければビットコインがいいというユーザーも多いですから、その送金問題をこそ解決したビットコインキャッシュは、今後高い評価を受ける可能性は十分にあるのです。
もちろんこれはビットコインキャッシュに大きな問題が今後も出なかったときの話ですが、可能性としては今後、高い評価を受けるかもとみられている仮想通貨です。