ビットコインキャッシュの歴史

どの仮想通貨にもそれぞれ歴史があるものですが、ビットコインキャッシュにはどのような歴史があるのでしょうか?
実はこの仮想通貨の歴史はまだそれほど長くありません。
1つの独立した仮想通貨として運用が始まったのは2017年8月になります。
仮想通貨全体がまだ歴史が浅いとはいえ、その中でも2017年の夏以降に始まったというのは、特に歴史が浅い方です。

これは意外な歴史に思える方も多いでしょう。
歴史がまだ浅いわりには、価格が高いからですね。
リリースされた直後の仮想通貨は、ほとんど値段がつかないのが通例です。
具体的には1円未満といった価格で、ほとんど無価値に近い状態から始まり、次第に値段を上げていくというパターンが一般的です。

この点、ビットコインキャッシュはリリース当初からすでに高値がついており、1BCHあたり10万円近い値段からスタートしました。
その直後、一度値段が落ちたのですが、それでも基本的に2万円以上の値段をキープしながら推移し、また10万円近い値段にまで戻し、その後はさらに値段が高騰もしました。

歴史が浅いわりにリリース当初からかなりの高値がついているのは、これが生まれた流れによるところが大きいですね。
ビットコインキャッシュはビットコインから分裂するという形で生まれたのです。
ハードフォークといって、その仮想通貨の仕様を変更する方法によって生まれました。
ハードフォークが起こると以前の仕様とは互換性がなくなり、仕様変更されたものは以前の種類とはまったく別の仮想通貨として、独自に運営されていくことになります。

ビットコインキャッシュはこのようにして生まれたため、ビットコインとはまったく別の仮想通貨にはなるのですが、元はビットコインだった種類ですから、その価値が少し反映された形となったのです。
そのためリリース当初から10万円近い値段がつくなど、新しい仮想通貨とは思えない高値がついたのですね。
ただ、やはり生まれたばかりの種類ということですぐに市場から信頼されたわけではなく、一度大きく値段を落とす結果にはなりました。
ただ、それからしばらくしてリリース当初に近い値段に戻していますし、先にもご紹介したとおり、そこからさらに高騰もしています。
1BCHあたり40万円以上の値段がつくなど、本家のビットコインを思わせる高値もついたのです。

そこからまた値段は落としているのですが、このような高騰を一度は見せるくらいには市場から注目されている仮想通貨になっています。
まだ歴史は浅いですが、現状ではビットコインよりもスペック面では優れている仮想通貨として、今後を期待されています。