ビットコインキャッシュの今後の動向

ビットコインから分裂してできたというビットコインキャッシュ。
今後の動向はどうなると思われるでしょうか?
これについてはビットコインにはないメリットのある仮想通貨として、今後は一定の評価を受け、その値段も上がる可能性があります。

大事なのは、ビットコインにはないメリットがあるという点です。
もしビットコインキャッシュがビットコインと性能的に変わらないなら、あえてこちらを選ぶメリットはあまりなく、価格が上がる可能性も低くなります。
どちらでもいいなら、現時点でかなり知名度が高くなっており、その価格も高くなっているビットコインを買った方が、今後も値段が伸びて利益が出やすいですし、突然暴落するリスクも少ないのですね。

性能面でビットコインキャッシュはビットコインと違うのかというと、送金面ではビットコインキャッシュの方がずっと早いのです。
そもそもビットコインの送金詰まりを解決しようという話で生まれ、もともとのコインから分裂するという形でそれが実現されたのがビットコインキャッシュです。
このような流れから、もともとのビットコインの問題点を解決するような設定になっています。
送金遅れの問題を解決するため、ビットコインキャッシュはもとの仮想通貨よりも一度に処理できる容量を増やしており、これにより送金にかかる時間を短縮しています。
これはビットコインにはないメリットになります。

そして本家のビットコインの送金状況はどうかというと、送金に関してはまだあまり改善されていないのが現状です。
知名度が上がるにつれ、送金リクエストはどうしても多くなりがちで、送金を実行してから送り先に届くまでに数日かかる事例も比較的よく見られます。
このような状況から、ビットコインよりも送金の早いアルトコインも注目を集めており、ビットコインキャッシュもその流れで評価されているのです。

ビットコインの送金状況は今後改善される見込みがあるかというと、現時点のところではまだそこまで有効な対策が取られていません。
これが解消される見込みがない限り、ビットコインキャッシュの送金の早さは高い評価を受け、値段も上がる可能性があると見られています。
今後の動向としては、このような予想をしているユーザーが多いですね。

このようにビットコインキャッシュは、元の通貨となるビットコインの状況などに応じて今後の動向も変わると思われます。
ビットコインキャッシュそのものの動向はもちろん、ビットコインの今後の動向にも注意しておくと安心です。