ビットコインキャッシュの今後の予想

ビットコインキャッシュの今後について、仮想通貨に投資している方はその予想が知りたいですよね。
あくまで予想にはなりますが、今後しばらくは評価が高く、値段が高くなると見込まれています。
その理由として大きいのは、ビットコインの問題をビットコインキャッシュなら解決できることです。

今ビットコインで大きな問題になっているのが、送金の遅れと手数料の高騰です。
普通に送っただけでは数日近く送金にかかることも増えていますし、これを避けるためには法定通貨の送金以上の手数料が必要になることもあります。
手数料が高くなるのもそもそもは送金が遅れがちなのが原因なのですが、ビットコインのシステムでは送金リクエストが増えるほど、これを迅速に処理するのが難しいのです。

この問題に対して解決案の1つとなるのが、ビットコインキャッシュのシステムです。
一度に処理できる容量を増やしているため、利用するユーザーが増え、送金リクエストが増えた状態でも迅速な送金処理が可能になります。
この理念がビットコインの関係者全員から支持されたわけではなく、ビットコインからの分裂という形での対応になりましたが、分裂後、その理念通りの仮想通貨として運営はされているのです。

ビットコインよりも送金が早いため、送金詰まりやそれにともなう手数料の高騰などが起こりにくいビットコインとなるのが、ビットコインキャッシュとなるでしょう。
この点は仮想通貨ユーザーからも評価されています。
また、その他に大きな問題も今のところは起きていません。

ハードフォークによるビットコインの分裂という形で生まれたため、これが正常に稼働するのか、当初は疑問の声もあったのですが、現時点までのところでは正常に稼働しています。
ハッキングなどは受けていませんし、送金ができないといったトラブルも起きていないのです。
また、仮想通貨のユーザーにとってはそのコインに値段がつくのかといったことも大事ですよね。
この点もビットコインキャッシュに問題はなかったのです。

リリース直後、ビットコインの価値が反映されたかのような高い価格から直後に急落したものの、しばらくするうちに少しずつ値段を戻し、一度はスタート価格を超える高騰も見せました。
値段がつかずにすぐ無価値になるのではという不安を払拭したのですね。
このようなことから、ビットコインキャッシュはビットコインのスペックを改善した新しい仮想通貨として評価されており、今後はもっと値段が高くなるのではと見込まれています。
あくまで現時点での予想になりますが、今のところは有力な候補の1つになっています。

参考:ビットコインキャッシュの今後の将来性について