ビットコインキャッシュの今後

▼ 目次

ビットコインキャッシュの今後について

仮想通貨の中にはたくさんの種類がありますが、この中の1つ、ビットコインキャッシュの今後について考察したいと思います。
まず結論からご紹介すると、現時点での話になりますが、ビットコインキャッシュは伸びしろのある仮想通貨となります。
決済手段として使いやすい種類や、価格が伸びて売却益を得られる種類を探しているときは、ビットコインキャッシュは候補の1つにできるでしょう。

今後にそのような期待が持てるのは、ビットコインキャッシュのスペックが1つの理由です。
スペックの大きな特徴になっているのが、送金の早さです。
特にビットコインよりも早く送金できるのは、今後を考える上での重要なポイントになりますね。
仮想通貨の今後を考えるうえで、その仮想通貨を持つメリットはとても大事です。
メリットの少ない仮想通貨は、そのスペックなどが大幅に改善されない限り、今後伸びる可能性はどうしても低いと判断されます。
その理由は、仮想通貨の価格や人気は、メリットや使いやすさなどに左右されがちだからです。

仮想通貨には政府や国の保証などはありません。
あくまでその通貨自体の利便性などによってユーザーから選ばれ、その人気や知名度に応じて価格が変動します。
人気や知名度が高くなるほど、価格も伸びていきます。
本当にそうなるかは誰にもわかりませんが、少なくともメリットや使いやすさのない仮想通貨が将来非常に高く評価される可能性は、かなり低いのです。
現在は仮想通貨の種類も増えてきており、知名度の低いものも含めると100種類以上のものがあるとなれば、なおさらですね。

ビットコインキャッシュのメリット

このように今後を考えるうえでその仮想通貨自体のメリットなどはとても大事なのですが、ビットコインキャッシュにあるそのメリットの1つが、送金の早さになっています。
特に大事なポイントになっているのが、ビットコインよりも早く送金できることです。
なぜビットコインとの比較になるのかというと、この仮想通貨は元のビットコインから分かれてできたものだからです。
そのためビットコインキャッシュはどうしてもビットコインと比較されがちなのですが、その結果、分裂してできたこちらの方が早く送金できる点はよく評価されています。

その理由の1つとして、最近のビットコインは、送金に関しては今後の課題となっているからです。
ビットコインキャッシュなどに比べて、送金が遅くなってきているのが実情なのですね。
通貨自体の実体もなく、銀行などの仲介組織もいないはずのビットコインで、送金が遅れているというのは不思議な現象かもしれません。

これは単純に送金を試みるユーザー数の多さが原因となっています。
現在のところビットコインは、仮想通貨の代表的な種類として知られていますが、だからこそ利用するユーザーも増えており、送金リクエストが増えており、その処理が追い付かなくなっているのです。
特に工夫などせず、普通に送金したとすると、送金が完了するまでに数日かかるような状況になっています。

これでは銀行を通して送金したときと大きくは変わりませんよね。
これを早くする方法もないわけではありません。
送金リクエストは早いもの順に処理されているのではなく、これの処理をしているマイナーと呼ばれる作業者がある程度好きなものを選べるようになっています。
何を基準に選んでいるかというと、そのリクエストについている手数料です。
この手数料はその作業をやったマイナーの報酬になるため、高い手数料をつけたものから優先的に処理されているのが実情です。

ビットコインを以前と同じようなスピード感をもって送金しようと思うと、現在では1000円以上の手数料が必要といわれており、下手をすると法定通貨の送金よりも手数料が高くなる場合もあります。
代表的な仮想通貨のビットコインでこのような状況になっているため、何も特殊なテクニックを使わなくても送金が早く、手数料も安い仮想通貨がユーザーから注目されているのです。

その一環で注目を受けているのがビットコインキャッシュになります。
特にこの仮想通貨は元のビットコインから分裂してできたため、ビットコインの代わりとして注目されることもあります。
ビットコインでは非常に送金がやりづらい中、ビットコインキャッシュならスムーズに送金ができ、その手数料も非常に安いのです。
このような意味でこの仮想通貨は評価されており、今後はビットコインの問題を解決する代わりの仮想通貨として値段も伸びていくのではと考えているユーザーも多いですね。

さいごに

また、今後を考える上での好材料として、ビットコインキャッシュの取扱いを始める取引所が増えていることもあります。
仮想通貨を新しく購入しようと思うと、これら取引所が主な購入場所になるのが現状ですから、主要な取引所で扱いのない仮想通貨は非常に購入しづらく、ユーザー数が伸びにくくなります。
この点ビットコインキャッシュは対応を始める取引所が増えているため、こちらが選ばれる機会も増えるものと思われているのです。
このようにビットコインキャッシュはそのスペックの便利さなどから、今後評価が伸びていく可能性がある種類になります。